旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
ご来仰。
at 2018-07-16 09:48
初富士山行。
at 2018-07-15 10:45
鋸山の遺跡感が半端ない。
at 2018-07-12 10:40
2018年銭湯行脚二十九湯目..
at 2018-07-11 09:54
生まれて初めて釣った魚、ブル..
at 2018-07-10 11:00
釣具屋で散財。
at 2018-07-08 14:03
庭の木からドラミング。
at 2018-07-07 11:41
狭山丘陵で見かけた鳥。
at 2018-07-06 14:20
東京スカイツリー初見参。
at 2018-07-05 17:45
2018年銭湯行脚二十八湯目..
at 2018-07-03 10:28
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

お昼はアイスランディッシュ・スープで。

f0217617_16205199.jpg
アイスランドは食事代もけっこう高くて、
ランチでもレストランに入ると
簡単に3000円くらいかかってしまいます。
若いころであれば、
スーパーでパンとチーズ、ハムあたりを買ってきて、
全部自炊ですませてしまうところなのですが、
この年になると、
せっかく旅に出たのに、旅先の独自料理を食べないのも
もったいないと思うようになってきます。
なので財布と相談したがら、
両方をバランスよく取り入れるわけですが、
レストランの食事にはもうひとつ問題があって、
それは、ひとりで食べるのがなんとも味気ないということ。
アイスランドではひとりでレストランに入っても、
別に店からイヤな顔をされることはなかったけれども、
周囲を見回せば、
やっぱり自分以外に単独客は見あたりません。
そんなこんなを考えながら、
最終的にたどり着いたのは、バーの食事。
バーは基本的には酒しかおいてないのですが、
店によっては「今日のスープ」みたいなものを用意してあります。
そしてこのスープがなかなかバカにできないのです。
写真のスープは、「BRAVO」というバーで頼んでスープ。
ラーメンどんぶりほどあるお皿に、
この国の国民食ともいえるラムと、ジャガイモ、玉ねぎなどがどっさり。
これにパンとバターがついてくるので、
「もう、お昼はこれで十分じゃない!」となるわけです。
これに生ビールをパイントでつけて(ここが重要!)
約1800円といったところ。
安くはないかもしれないけれど、
彼の地であればなかなかリーズナブルといえるでしょう。
もちろん味もバッチリですし、
バーならひとりで入っても全然オーケー、
というかそれが普通。
7月といえどもときにはダウンが必要な日もあるなかでは、
からだもしっかり暖めてくれました。
レイキャビク/アイスランド。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-07-18 16:26 | 旅の日々 | Comments(0)
<< アイスランドの登山地図。 『旅の手帖』8月号が届いた。 >>