旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

映画『海燕ジョーの奇跡』を観た。

f0217617_10145652.jpg
舞台は本土復帰まもない沖縄。
暴力団同士の抗争のなか、
弟分を殺された主人公は、
報復に相手側の親分を射殺するが、
それによって警察と暴力団の両方から追われることになる。
大方が本土へ逃げるだろうと予想するなか、
フィリピン人を父に持つ主人公は、
一見どんづまりの南へと向かう。
沖縄本島から小さなサバニ舟で宮古島、そして与那国島へ。
与那国島からは、
復帰前に台湾との密貿易で一旗あげていた
オバアのつてで台湾人漁船に便乗して台湾へ。
さらに台湾南部に住む海洋少数民族の
アウトリガーつきカヌーでフィリピンへと至る。
原作は佐木隆三。
主人公役はまだ若き日の時任三郎。
まわりを三船敏郎、田中邦衛、原田芳雄といったベテランが固める。
タイトルにある「海燕」とは、
大海原を自由に飛び回るウミツバメの姿を主人公になぞらえたもの。
そしてこのルート、
僕も学生のころになんとか実行できないかと、
あれこれと調べたコースだ。
飛行機を使わずにフィリピンへ。
当時はまだ石垣島から台湾北端の基隆に渡るフェリーがあったので、
そこまでは問題なかった。
しかし、そのまま陸路で台湾を南下してからの、
その先がなかった。
どう調べても台湾とフィリピンをつなぐ船はなく、
唯一マカオまでなら年に数便、
貨客船があるらしいと知ったところでギブアップ。
そうこうしているうちに、
石垣島と基隆を結ぶフェリーも廃止になってしまった。
フィリピンまで行ければ、
その先はフェリーでマレーシアへ、インドネシアへ。
タイ、ベトナム、中国、韓国、日本と、
東アジアから東南アジアにかけて、
ぐるりと飛行機を使わずに一周できるのになあと妄想していた。
せめて台湾までだけでも船で行っておけばよかった。
旅に「そのうち」はない。
そんなことを教えてくれたできごとのひとつ。
1984年の日本映画。

by apolro | 2018-01-30 10:19 | 映画で旅する | Comments(0)
<< 伊平屋島でモズクの天ぷらを頬張る。 妖怪の棲む島。 >>