旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

再会のお菓子屋。

f0217617_11184523.jpg
先日、久しぶりに巣鴨に行く機会があった。
巣鴨は僕が3年間通っていた高校の至近駅だ。
といっても学校には卒業以来足を踏み入れていないし、
駅周辺の様子もずいぶん変わってしまったが、
それでも、いまも当時のままというものもあった。
駅前の書店は、
昔と同じ書店なのかはわからないが、
同じ場所に書店として存続していた。
ここは学校帰りに立ち読みしたな。
スーパーの西友も昔のままあった。
西友は山岳部の夏合宿、春合宿の前日、
部員全員の一週間ぶんの食糧買い出しに利用させてもらった。
その山岳部も数年前に廃部になってしまったが。
そしてもう一軒。
まさかというお店が残っていた。
駅から学校へ向かう途中にあった、
間口一間ほどの小さな駄菓子屋。
通学途中に、
よくここで菓子パンを買ったな。
今も繁盛しているようで、
店内は近くのサッカークラブに通う子どもたちで賑わっていた。
こんな時代に、
こんな小さな、
しかも独立系のお菓子屋が成り立っているとは
奇跡のようにも思えるが、
やはりこういう強い固定客がついているんだろうな。
懐かしくて思わずカメラを向けると、
店のおばちゃんと目が合った。
不審者と思われてもイヤなので、
「若いころ、そこの高校に通ってまして……」と話をすると、
そのおばちゃんはなんと、
僕が通っていた当時のおばちゃんだった。
あれだけ通っていたのに、
残念ながら顔はまったく憶えていない。
高校生くらいの男子にとって、
おばちゃんの顔なんてそのくらいどうでもよいものなのだろう。
今回はそういう話。
東京都。2018年。

[PR]

by apolro | 2018-02-21 11:24 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 渡し船部2018年活動再開、『... 映画『緑はよみがえる』を見た。 >>