旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
ご来仰。
at 2018-07-16 09:48
初富士山行。
at 2018-07-15 10:45
鋸山の遺跡感が半端ない。
at 2018-07-12 10:40
2018年銭湯行脚二十九湯目..
at 2018-07-11 09:54
生まれて初めて釣った魚、ブル..
at 2018-07-10 11:00
釣具屋で散財。
at 2018-07-08 14:03
庭の木からドラミング。
at 2018-07-07 11:41
狭山丘陵で見かけた鳥。
at 2018-07-06 14:20
東京スカイツリー初見参。
at 2018-07-05 17:45
2018年銭湯行脚二十八湯目..
at 2018-07-03 10:28
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

渡し船部2018年活動再開、『小堀の渡し』その4。

f0217617_1073929.jpg
途中で寄港する船着き場を後に、
『小堀の渡し』は終着の船着き場である、
鉄橋下の取手ふれあい桟橋を目指す。
これまでに乗った利根川の渡し船はどれも、
乗客はもちろん、船頭さんも吹きっさらしのもとでの旅だったが、
このとりで号には前述のように室内席もあるし、
屋根つきの操舵室もある。

f0217617_1081149.jpg
そこだけ見ると、
小さな漁船みたいだ。
冬の澄んだ空気のなか、
やがてゴールが見えてきた。
四隅に穿たれた赤い鉄柱がひときわ目を惹くが、
これは実は桟橋を半可動状態で維持しておくためのものだそうで、
つまりたとえ利根川が増水しても、
桟橋はこの鉄柱に守られて上下動するのだ。

f0217617_10151349.jpg
その巨大な鉄柱から、
あらためて荒天時の利根川の暴れっぷりが伺える。
話は前後するが、
そもそもここになぜ渡し船が存在するのか。
それも実は利根川の氾濫に関係している。
まず地形図を眺めるとわかるのが、
小堀地区の特異性。

f0217617_10112023.jpg
千葉県と茨城県はその県境の多くを利根川で規定しているのだが、
そんななかなぜか小堀地区だけが利根川の右岸、
つまり千葉県側に位置しているのだ。
なんでこんなことになったのか。
これも地形図を眺めると一目瞭然。
小堀地区の南側には古利根池と呼ばれる池がある。
昔の利根川がここを流れていたことを示す、
いわゆる三日月湖だ。
三日月湖というと『釣りキチ三平』的な文脈でいうと、
とんでもなく巨大な野鯉が生息していそうだが、
実際にはヘラブナやバスの有名釣り場らしい。
今から100年以上前、
度重なる利根川の氾濫に手を焼き、
その結果として流路改修されたのが現在の利根川の流れ。
そしてそのために、
それまでは利根川左岸にあった小堀地区は右岸、
つまり千葉県側になってしまったというわけだ。
しかし川向こうの住民になってしまったとはいえ、
行政上は茨城県。
子どもたちは対岸の学校へ通わなくてはならないし、
大人だって取手駅方面へ買い物に出る必要もあるだろう。
そんなことからこの渡し船は運航されることになったのだとか。
川に歴史あり。
いや河川改修に歴史あり。
いやいや渡し船に歴史あり。
やがて渡し船は無事に着岸。
僕は心のなかで「では、サラバ!」とつぶやきながた、
船を下りて取手駅方面へ歩き出した。
茨城県。2018年。
[PR]

by apolro | 2018-02-25 10:14 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 母が突然、旅だった。 渡し船部2018年活動再開、『... >>