旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

映画『ロング・トレイル!』を観た。

f0217617_1184560.jpg
舞台はアメリカ合衆国。
紀行作家として名を上げた主人公は今や四人の孫を待つ身。
妻にもそろそろ引退をと薦められるなか、
なにか不完全燃焼感をぬぐい去れず、
唐突にアメリカ東部を縦断する
アパラチン・トレイル3500キロの踏破を決意する。
しかし妻に見せられた、
トレイル踏破中に起きた過去のさまざまな
悲惨な事故記録を前に大いにびびり、
誰かパートナーを捜すことに。
そして唯一それに声を上げたのが
数十年前に喧嘩別れになったままの悪友だった。
さて二人は無事にこのトレイルを踏破できるのか?
こういったトレイルの旅は
自然および自分自身との邂逅だと思いがちだが、
実は次から次へと現れる
ややこしい旅人とのつきあいも大きな要素になったりする。
自分が大好きで自分以外はみんなバカだと思っている人(いる)。
相手の持っている装備にしか興味のない道具オタク(いるいる)。
ヘロヘロになっている自分たちを
やすやすと追い抜いていく若者たち(むうー)。
変わってはいるけれども愛すべき宿屋の主人(はいはい)。
ときには感じるささやかなロマンスの気配(これはたいてい勘違い)。
もちろん同行者がいれば、
その最少のコミュニティ内での喧嘩もある(……)。
そして、そういったことを一瞬で忘れさせてくれる絶景。
主人公が語る旅の動機、
「世界を知りたい好奇心」というのは、
僕も全面的に同意だ。
2015年のアメリカ映画。
東京。2018年。
[PR]

by apolro | 2018-03-13 11:13 | 映画で旅する | Comments(0)
<< 真夜中のロープいじり。 2018年銭湯行脚十三湯目、三... >>