旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

ベルリンのRCサクセション。

f0217617_1033445.jpg
先日、実家から多数のLPレコードが発掘されたわけだが、
なかでもこれはちょっと変わり種、
というか思い深いものがある。
僕が初めてベルリンに行ったのは1985年。
まだドイツが東西に分裂していたころ。
そのときは帰国の航空券を手に入れるのにも苦労するほど、
懐事情は厳しくて、
ベルリンにいても食べて寝るだけで精一杯だった。
そんななか、
街中にあったレコード屋の軒先で
ワゴンセールにかけられていたのがこのアルバムだ。
RCサクセションの『ラプソディ』。
タイトルにもなっている『ラプソディ』はもちろん、
『雨上がりの夜空に』や『上を向いて歩こう』も入っている名盤だ。
輸入盤(いや、この場合輸出盤か)なので、
解説も全部英語。

f0217617_1034941.jpg
クレジットを読むと日本で生産されたものであることがわかる。
「おお、RCサクセションはヨーロッパでも頑張っているのだな」と、
誇らしい気持ちになったのだが、
ジャケットに直接貼られた値札を見て、
一転、ちょっと悲しくなってしまった。

f0217617_10344047.jpg
1ドイツマルク……。
当時のレートでおそらく90円くらいではなかったか。
下には何枚もの値札が重ね貼りされていて、
値下げにつぐ値下げでここまでになり果てたのだろう。
しかもこの値段でも買い手がつかず、
乱雑のワゴンに投げ入れられている始末。
RCサクセションのこんな姿をこれ以上見たくない。
僕はなけなしの有り金から1ドイツマルクを引っ張り出して、
このアルバムを買い戻した。
いや、買い戻したというとなんか違うんだけれど、
気分としては買い戻したのだった。
西ベルリン/西ドイツ。1985年。
[PR]

by apolro | 2018-03-21 10:37 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 今年の花見はちょっと難しい。 映画『サウスバウンド』を観た。 >>