旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

フキ対イタドリ。

f0217617_22344423.jpg
春。
天売島にしても焼尻島にしても、
原野はフキとイタドリのせめぎ合いのようで、
この2種類の植物がどこでもびっしりと繁茂している。
どちらも食べられる野菜とはいえ、
イタドリにはさほど食糧としての旨味はないようで、
おばちゃんたちが採るのはもっぱらフキばかり。
ということはフキとイタドリの競争は、
やがてイタドリが勝つということか。
もしかしたら、
こういった無意識の人為的淘汰が、
生態系になんらかの影響を与えていることも少なからず
あるのかもしれないですね。
ちなみにイタドリのことを道産子ことばでは、
「ドゥングリ」というそうです。
「ドングリ」と違って冒頭に
アクセントがこない平坦な発音です。
北海道。2018年。
[PR]

by apolro | 2018-06-02 22:33 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)
<< 島に還る家々。 『マカロニほうれん荘』展へ。 >>