旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

迎賓館からの招待が来ない。

f0217617_9285050.jpg
国賓を招いて晩餐会を開いたり、
彼らの宿泊施設として利用されている迎賓館。
どんな事務手続きのミスかはわからないが、
一向に僕にお呼びがかからないので、
自ら乗り込んでみることにした。
なんだかやたら悠久の歴史感をにじませる建物だが、
ご存じのとおり、
もともとは東宮御所として建てられたもの。
迎賓館として運用されるようになったのは1974年からというから、
意外と歴史は浅い。
外観があまりに華美すぎるは、
日本人の生活様式には合わなかったとかで、
御所としてはほとんど使われなかったというエピソードが微笑ましい。
戦後の一時期は、
国立国会図書館として使われてこともあるのだそうだ。
もしそのまま図書館であり続けたら、
それこそ世界に誇れる国立図書館になっただろう。
着物姿の観覧者とともに写真収めたら、
どこの国とも、
いつの時代とも知れぬ、
不思議な空間がそこにはあった。
東京都。2018年。
[PR]

by apolro | 2018-06-11 09:32 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 2018年銭湯行脚二十五湯目、... 仔ヒツジをめぐる冒険。 >>