旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
ご来仰。
at 2018-07-16 09:48
初富士山行。
at 2018-07-15 10:45
鋸山の遺跡感が半端ない。
at 2018-07-12 10:40
2018年銭湯行脚二十九湯目..
at 2018-07-11 09:54
生まれて初めて釣った魚、ブル..
at 2018-07-10 11:00
釣具屋で散財。
at 2018-07-08 14:03
庭の木からドラミング。
at 2018-07-07 11:41
狭山丘陵で見かけた鳥。
at 2018-07-06 14:20
東京スカイツリー初見参。
at 2018-07-05 17:45
2018年銭湯行脚二十八湯目..
at 2018-07-03 10:28
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

2018年銭湯行脚二十八湯目、川越『旭湯』。

f0217617_10251820.jpg
2018年銭湯行脚二十八湯目は川越の『旭湯』。
観光客でごった返す蔵造りの街並みを抜け、
交通量が多い大通りを右に入ると『旭湯』はあった。
いわゆる宮造りとは違うが、
切り妻屋根に広い窓はなんだか古きよき日本家屋のよう。
屋根の下に構える菱形の意匠は湯気抜きだろうか。
ガラスが透明ガラスなのもちょっと珍しいかも。
番台でお金を払ってさっそく浴室へ。
浴室は小さめで両サイドに蛇口が各5~6台並ぶのみ。
浴槽はふたつ。
通常のものに加えて、
この日、もうひとつはワインの湯だった。
僕より先にふたりほど入ったはずなのに見あたらないのは、
きっと入口脇にあったサウナを利用しているのだろう。
銭湯絵はタイル絵だ。
日本のさまざまな海水魚が描かれている。
クロダイ、ツバメウオ、オヤビッチャ、ルリスズメダイと、
図鑑さながらのかなりリアルな表現だ。
タイルの目地には色がのっていないので、
これはあらかじめタイルに描いて焼き付けたものだろう。
番台に座っていた三代目のご主人に聞いてみると、
「あのタイル絵を含めて、浴室を全部タイルにしたときには1000万ほどかかっちゃったよ」とのこと。
今年で創業75年。
ということは大平洋戦争中の開業だ。
戦争末期、もう終戦も近いという8月の14日あたり、
近隣の熊谷や太田が次々に空襲に遭い、
明日はいよいよ川越もやられるのかと思っていたところを、
間一髪で終戦を迎えたらしい。
そんなこともあって、
この街には蔵造りの古い商家がたくさん残っているんだね。
川越にはほかに何軒くらい銭湯が残っているのか尋ねてみると、
「以前は20軒近くあったんだけどねー。うちが最後の一軒になっちゃったよ」
ご主人はちょっと淋しそうな笑みを浮かべてそういった。
埼玉県。2018年。
[PR]

by apolro | 2018-07-03 10:28 | 銭湯行脚 | Comments(0)
<< 東京スカイツリー初見参。 梅雨明けの高水三山。 >>