旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

2015年 09月 18日 ( 2 )


外国人旅行者が間違えて来ちゃうという駅。

f0217617_1926176.jpg
群馬県に「富士山下」という駅があり、
なんの予備知識がない外国人旅行者が、
ここが日本の最高峰・富士山の登山口と勘違いし、
現地に辿り着いて途方に暮れるという記事を、
以前なにかで読んだのですが、
ちょっと、本当かなあという話ですよね。
だって群馬と静岡・山梨じゃあ、
東京からの方角もまるで違うし。
今回、たまたまその「富士山下」駅の近くに行く用事があり、
せっかくなので訪ねてみましたよ富士山下駅。
駅があるのは上毛電鉄。
前橋と赤城を結ぶローカル線ですね。

f0217617_19262974.jpg
おっと、「ふじさんした」駅かと思ったら「ふじやました」駅でした。
当然のように無人駅です。
まさかここを富士山の麓と間違えて来やしないだろう、
意外と漢字文化圏の人とかがひっかかるのかなあ、
などと思いながらホームを出ると、

f0217617_1927449.jpg
ガーン!
正面に「富士山入口」の指導標があるではないですか!
本当に富士山の下にある駅でした。

f0217617_1927255.jpg
駅の隣には「富士山食堂」も(営業しているかは不明)!

さっそくこの富士山登山道に足を踏み入れてみましょう。

f0217617_19282590.jpg
けっこう古そうな石の階段を登っていくこと約10段。
いきなり右手に「1合目」の石柱が現れました。
よし、これで全体の距離感はつかめました。
なんせ登山地図なしですからね。

f0217617_19284757.jpg
道は石段からいつのまにか木の階段道へと変わり、
気がつくと「7合目」の石柱です。
頂上まではもう少し。

f0217617_19294413.jpg
やがて木の階段道もなくなり、
荒れた登山道になってきます。

f0217617_193099.jpg
途中には「イノシシ注意」の看板が。
気を引き締めていきましょう。

f0217617_19303251.jpg
おお、「9合目」。

f0217617_1930564.jpg
そしてようやく富士山頂に登頂です。
標高163メートル。
それまで合数表示をしていた立派な石柱からくらべると、
なんとも地味な山頂表記です。

f0217617_19311263.jpg
小さな石祠が建っていました。

f0217617_1931314.jpg
山頂からは桐生の街が遠望できました。
全行程10分ほどの小さな小さな富士山登山。
おそらくは江戸時代に人気だったという、
実際の富士山詣は難しいので、
これで登ったことにするというアレでしょうね。
各地の神社の裏手にある富士塚の規模が大きいやつというか。
いずれにしろ、駅名にまでなっているということは、
昔から地元の人には愛されてきた山なのでしょうね。
僕は本当の富士山はいまだ登ったことはないのですが、
とりあえず、これにて富士山登頂〜!
群馬県。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-09-18 19:34 | 旅の日々 | Comments(0)

ヒガンバナの季節。

f0217617_1410875.jpg
田んぼのあぜ道や川の土手など、
あちこちでヒガンバナが咲き始めました。
大人になるまで両祖父母ともに健在だったため、
子どものころにはあまりお墓参りという習慣がなかったのですが、
今ではこの花を見ると思い出しますね。
「そろそろ墓参り、行かなくちゃ」
埼玉県。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-09-18 14:10 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)