旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

2018年 04月 11日 ( 1 )


民生食堂の灯りはともっているか。

f0217617_10562556.jpg
先月、惜しまれつつ店を閉めた
高円寺のバー『Goody』に続き、
今度は「『天平』が店閉めるらしいよ」
という噂が聞こえてきた。
『天平』といえばいわずと知れた(そうでもないか)、
都内でもわずかになってしまった「民生食堂」の看板を掲げる、
高円寺の定食屋だ。

f0217617_10564416.jpg
民生食堂については以前ブログでも書いたのでくわしい話は省くが、
ようは終戦後の食糧難時代、
廉価な定食を提供することを条件に、
米を優先的供給されることになっていた外食店だ。

以前の記事はこちら。
https://apolro.exblog.jp/25237767/

もちろんそのシステム自体はとうになくなってはいるが、
今でも当時のままの看板をそのまま掲げているのが、
『天平』なのだ。
自宅にいるときは、
昼食は基本自炊を旨としているので、
意外に高円寺で食事をする機会は少ないのだが、
そりゃあ大変だとばかりに翌日の昼間、
慌てて店を訪ねてみる。
もう閉めていたらどうしようという不安は、
遠目に店を眺めたときに、
暖簾が風に揺れているのを確認して霧散した。

f0217617_1057333.jpg
店に入ると先客は女性の二人組。
頼んだビールを運んできてくれたご主人に、
さっそく、くだんの件を切り出してみる。
結論から書くと、
閉めることは決まっているが時期はまだ未定とのこと。
現在店の前の通りの拡張工事が進行中で、
そのスケジュールにもよるらしい。
そういえば来るときに、
道路沿いにやたらに空き地が広がっていた。
「まあ年内一杯、もしかしたらもうあと少しっていうところかな」
意外とさっぱりした表情でご主人はそういった。
こちらとしては、
ひと安心とも残念ともいえない微妙な期間だが、
まだしばらくはこの店に来られることはわかった。
当初はせっかくなので、
まだ注文したことのない定食を注文するつもりだったが、
そうとわかれば話は違う。

f0217617_10573519.jpg
お気に入りであるアジフライ定食を頼むことにした。
ということで、
『天平』に行きたいと思っている人は、
あんまりのんびりしないほうがいいですよ。

f0217617_10575327.jpg
単品メニューも豊富なので、
夜、飲みに来るのもいいかもしれない。
次こそはこの店の看板である(たぶん)鰻を頼んでみようかな。
東京都。2018年。
[PR]

by apolro | 2018-04-11 11:00 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)