旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

2018年 04月 29日 ( 1 )


本郷『菊水湯』跡地は今。

f0217617_950386.jpg
かつてここに『菊水湯』という銭湯があった。
本郷菊坂に併走する細い路地。
地形的に見て、
もしかしたらこの谷状の路地は、
過去には川や用水路が流れていたのかも。
「川のそばに銭湯あり」という法則を知ったあとでは、
ついついそんなことを考えてしまう。
しかしその菊水湯も時代の流れには勝てずに廃業。
2015年には更地になってしまった。
その後、ここにはマンションが建てられるという噂を耳にした。
それから3年。
久しぶりに菊坂を訪れてみると、
銭湯跡地には真新しい低層集合住宅が建っていた。

f0217617_952420.jpg
もはやここに銭湯があったことも忘れられていくのだろう。
そんなことを考えながらふと塀の角を見ると、
そこにはなにやら奇妙なものが。

f0217617_9522336.jpg
おお、これはおそらく菊水湯の鬼瓦ではないか。
銭湯のご主人の意向なのか、
それとも建築家の発案なのかはわからないが、
少なくも「昔、ここに銭湯があった」という、
痕跡を残したかった人がいたようだ。

f0217617_952424.jpg
ちなみにこの集合住宅の名前は『あぶみぞん本郷』。
知らない人にはなにがなにやらさっぱりだ。
この集合住宅の脇には『鐙(あぶみ)坂』と呼ばれる古くから坂があり、
おの名前とメゾンという単語を掛け合わせたのだろう。
ちょっと凝りすぎという気がしないでもない。
しかも、ひらがな表記。
東京都。2018年。
[PR]

by apolro | 2018-04-29 09:53 | 旅の日々 | Comments(0)