旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

カテゴリ:旅の生き物、日々の生き物( 373 )


スカーレットの誓い。

春の陽気に誘われて近所の園芸店へ。
棚に並ぶ鉢植えが少しずつ色彩豊かになっていくこの季節。
しかしそんななかでも、強烈な黄色で周囲を圧倒しているのがマリーゴールド。
まるで「おらおら、いつもでも冬気分でいるんじゃねえよ!」と
ハッパをかけられているようです。
「青春はグリーン 水はクリムゾン 仲間たちはマリーゴールド 百億の色で描く青春のエンブレム」
なんていう歌詞を思い出してしまいました。
f0217617_1305335.jpg
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-05 13:03 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

そこは自然対文明の最前線。

以前勤めていた東京は本郷の会社は、
山手線の真ん中にあるわりには自然界の浸入が盛んでした。
油断していると開けた窓からヤモリが侵入!
f0217617_1962870.jpg

隣のマンションとの狭い隙間には、どこから来たのか大きな迷い亀が!
f0217617_197334.jpg

窓に近い枝にはカミキリが(キボシヒゲナガカミキリかな)!
f0217617_1985010.jpg

挙げ句はいつの間にやら換気扇を伝って室内にまでツタがこんなに浸入!
(ここまでよく誰も気がつかなかったな)
f0217617_1995950.jpg

こうして、この会社は自然たちに呑み込まれて消えていったのでした。
いや、それはウソ。
本当は出版不況の波に呑み込まれて消えていったのでした。
東京都。2007年。
[PR]

by apolro | 2011-04-01 19:13 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(2)

春になれば花は咲く。

こんな春でも、いつもの春と同様に、
アーモンドの木がつぼみをつけました。
やがてつぼみは花となり、必ずや実を結ぶことでしょう。
f0217617_13402419.jpg
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-03-24 13:41 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

幻のサカナ。

死ぬまでに一度は釣ってみたいという幻の釣魚が2種ありまして。
しかしそのうちの1種は、
数年前に一緒に釣りに行った友人に見事釣られてしまいました。
f0217617_17482387.jpg
「ザ・雨傘」
やられちゃいましたね。
残る1種はなんとか自らの手で釣りあげたいものです。
「ザ・長靴」。
東京都。2005年。
[PR]

by apolro | 2011-03-02 17:49 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(1)

もうすぐ。

先週の暖かい日々から一転、
今週は気温も低く、雨がちな空です。
けれども、庭の梅は今年もいつのまにか花を咲かせています。
今日から3月。
そろそろ、今年はどんな植物を植えようかとか、
乗っ込み鮒はどこに釣りに行こうかとか、
いろいろ楽しい計画を考える季節です。
f0217617_14481767.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-03-01 14:48 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

冬のクワガタ。

毎日通っている住宅街の舗装道。
ふと脇に目をやるとなにやら黒々としたものが落ちています。
最初はゴキブリかと思いました。
けれどマジマジと見てみると、なんとクワガタではないですか。
しかも、こ、こ、これは、男子たるもの誰もが死ぬまでには
一度は捕ってみたいオオクワガタじゃないの!
もちろんシカバネです。
しかしそれにしても、この都心で、しかも昨日は雪が降った真冬にナゼ?
可能性が一番高いのは、近所にオオクワガタを飼育している人がいて、
そこからなんらかの理由で逃げ出したけれども、
この寒さでお亡くなりになった、ということろでしょう。
けれどそれでは夢がない。
最近、中野の警察学校跡地が大がかりに再開発されています。
それまでは敷地には大きな樹木が森のように多数残されていたのですが、
いよいよそれも伐採が始まりました。
この都心の一角に奇跡のように潜んでいたオオクワガタも、
ついに住処を追われて果てたのでは……。
工事、とめなきゃ!
f0217617_1849589.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-02-17 18:50 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(2)

山茶花の咲く頃。

近所を散歩していたらサザンカの花を見つけました。
サザンカとツバキってよく似た花を咲かせますが、
ツバキが咲くのは春先で、サザンカは今頃だそう。
冬近し、という感じですね。
東京都。2010年。
f0217617_16144896.jpg

[PR]

by apolro | 2010-12-07 16:16 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

アケビの家。

文京区本郷の会社に勤めていたころ、近くにあった様子のいい家。
お昼を食べに出るたびにこの家の前を通りました。
昭和初期の建築かな? ときどきご老人が庭に出て植物の手入れをしてました。
壁を覆っている植物はアケビで、毎年秋になると多くの実が実ります。
一度食べたいなあと思っていたのですが、
このトシでさすがにアケビ泥棒はできないし……。
そんなことは考えているうちに、毎年のある日、
アケビはきれいに収穫されているのでした。
本郷に通わなくなってもう何年も経つけれど、
あの家のアケビの樹は今年もたわわに実を実らせているのでしょうか。
文京区/東京都。2006年
f0217617_12463524.jpg

[PR]

by apolro | 2010-11-17 12:49 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

ブドウ味見。

ずーっと放置していたブドウの実が、ようやく食べられそうな色になりましたよ。
葉っぱも枯れてきて、このままでは鳥に先を越される可能性も高いそうだし。
ひとつ、一番色づいているのをひねって、軽く手でぬぐってぱくり。
……! 甘くて酸味があって、まごうことなき巨峰じゃないですか(当たり前)。
いやあ、なんの手入れもしないスパルタ栽培だったのに、よくぞ実ってくれました。
ちゃんと真面目にやれば、2房だけでなくもっといっぱい収穫できるのでしょうか。
遅れてきた、小さな秋の味覚でした。
2010年。東京都。
f0217617_183372.jpg

[PR]

by apolro | 2010-11-11 18:03 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

島トウガラシ、いまだ実らず。

春に植えた「島トウガラシ」。
同時に植えた「伏見甘長」は7月に初めての収穫を終えて、
その後2回ほど収穫できました。
「鷹の爪」は9月頃に実りましたが、これは枝につけたまま完熟、乾燥まで
もっていこうと思っているのでそのまま維持。
いっぽうの島トウガラシは枝振りをどんどん伸ばして大きくなってはいったのですが、
花をつけるのが遅く、10月になってやっと満開。
そして11月。花が散ったあとに小さな島トウガラシの子どもが出てきましたよ。
しかし、もう11月。
これからは冬の到来と島トウガラシが実るのとの競争になりそうです。
がんばってくれ島トウガラシ。
東京都。2010年。
f0217617_16161951.jpg

[PR]

by apolro | 2010-11-10 16:17 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)