人気ブログランキング |

旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2011年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧


用水路にて。

ときどき、地形図を眺めながら釣り場を探します。
2万5000分の1縮尺の地形図にはかなり細かな用水路も描かれているので、
「お、ここなかなかよさそうでないの?」と、勝手にワクワクするわけです。
たとえば、こんな場所。
f0217617_14291290.jpg

広がる田んぼ沿いに格子状に水路が流れ、
いかにもフナやタナゴがいそうじゃないですか。
もっとも、地形図にはその田んぼが現役かどうかまでは表記されていないので、
実際に行ってみたら田んぼは荒れ放題で、水路にもまったく水がないなんてことも。
で、上の場所ですが、実際に訪ねてみるとこんな感じでした。
f0217617_1433093.jpg

稲も青々と育ち、水路もコンクリート護岸されておらず雰囲気は上々です。
ただ、いかんせん水路の水量が少ないですね。
こんな時期になぜ水が入っていないのか不思議に思い、
草刈りをしていた農家のおじちゃんに尋ねてみると、
なんでも、今時期は一度田んぼから水を抜くんだそうです。
そうすることによって、稲が丈夫になるんだとか。
「7月の半ば過ぎたらまた水を入れるから、その頃にまたおいで」と、やさしく声をかけてくれました。
しかし、せっかく来てみたことだし、
なんとか竿を出せる場所はないものかと田んぼのなかをウロウロしてみると、
水路が縦横に交差しているところには若干水深もあって、
ここならなんとか釣りになりそうです。
こういうところには周囲の魚たちが水を求めて集まっていたりするものです。
ちょっと期待に胸を膨らませながら仕掛けを投入してみると、
案の定、一投目から小鮒や鯉っ子が次から次へと釣れてきます。
こういう、まったく情報のない場所に出かけての釣りは、
多少に関わらず、釣れさえすればもう満足ですね。
早めに竿をしまってビールでも飲もうかなと案じていると、
またアタリが。しかもそれまでより明らかに大きい。
小鮒仕様の細い仕掛けがキリキリ鳴きます。
しばらくのやりとりの後に、ようやく上がってきたのは、
なんと25センチほどのナマズでした。
f0217617_14522916.jpg

こんな水深も30センチほどしかない小場所に、こんなヤツが潜んでいたとは。
用水路、アナドリガタシ。
2011年。埼玉県。

by apolro | 2011-06-30 14:59 | 旅の釣り、週末の釣り | Comments(2)

タングステンの魔力!

f0217617_022072.jpg
噂には聞いていたが、現物を見たのは初めて。
今回の釣りで弟が使っていたタングステンオモリ。
普通のジェットテンビンがいいとこ100〜200円なのにくらべて、
その値段は10〜20倍です。
タングステンといったら、昔は軍事用に主に使われていた先端金属。
ギリギリ貴金属の範疇に入らない感じの高価金属で、
たしかバルカン砲の弾丸の弾頭に使われるような硬い金属だったような気がします。
釣り用のオモリに下りてきたかー。
これまで釣りのオモリといえば鉛が主流だったのですが、
環境に対する鉛のいけない面も明らかになりつつあり、
時代はだんだんこういう方向に行くのでしょうね。
価格と重さの妥協点を鑑みると、
本当は劣化ウランのオモリあたりが一番の妥協点なのでしょうが、
それはアリエナイ! 絶対にアリエナイ!
そしてもうひとつ、これだけ高価なオモリだと、
失いたくない感がメチャクチャ強いと思うので、
結果、環境にも財布にも優しいだろうな。
神奈川県。2011年。

by apolro | 2011-06-29 00:26 | 旅の釣り、週末の釣り | Comments(1)

鎌倉釣り合宿。

f0217617_1036356.jpg
弟が鎌倉に引っ越し、さらに彼女が旅行で不在というスキをついて、
そこを強引に基地にして釣り三昧の週末。
とはいっても材木座あたりの浜はサーファーがビッチリなので、
ちょっと足を延ばして近隣の防波堤を目指します。
初めての場所なのでとりあえず見当をつけて竿を出していると、
なぜか目の前にクワガタが飛来。
しばらくしてやって来た地元の子ども釣り師をこのクワガタで懐柔し、
ポイントやら釣れる魚やらを聞き出すことにしました。
するとこの子が聡明で、理路整然と自分の釣り理論を語ってくれるのです。
きっと立派な釣り師のおじいちゃんから英才教育を受けている、
釣りキチ三平くんのような子どもに違いありません。
釣りを始める前、自分が狙ったポイント周辺に浮遊する海草を
時間をかけてすくい上げるところから始めています。
よっしゃ、これは頼りになるぜ! わらしべ長者作戦発動だぜ!
とひと盛り上がりしたのですが、
実際には終日、ヒイラギやハゼに混じってポツリポツリとシロギスが釣れる程度。
三平くんも釣れている気配はありませんでした。
なかなかうまくはいかんもんです。
f0217617_10362279.jpg

神奈川県。2011年。

by apolro | 2011-06-28 10:38 | 旅の釣り、週末の釣り | Comments(0)

集中豪雨で。

f0217617_10211579.jpg
明日から予定していた山取材が延期に。
登山口へ至る林道が土砂崩れで寸断されたらしい。
ここ数日の豪雨で、残雪はずいぶん解けるのではと期待していたのだけれど、
そっち側に力が働いてしまったか。
まあ、山に入ってから動けなくなるよりはマシだね。
しかし、自然はなかなかこちらの思うようには動いてくれない。
東京都。2011年。

by apolro | 2011-06-27 10:22 | 旅の日々 | Comments(0)

貝殻好き。

f0217617_23134257.jpg
10歳まで一人っ子だったので、
夏の海水浴もいつも一人(もはや親と遊んで楽しい歳ではない)。
友達はカニやらイソギンチャクやら貝やらでした。
そのおかげで大人になっても、砂浜を歩くとつい貝殻を探してしまいます。
そうしていつのまにか手元には、
日本の島、世界の島、旅先で拾った貝殻があれやこれや。
これはサモア、これは波照間、これはキューバだっけ……と、
耳を当てれば当時の思い出が蘇ります。
東京都。2011年。

by apolro | 2011-06-24 23:14 | 旅の日々 | Comments(0)

巡り巡ってきた食器棚。

f0217617_16491568.jpg
10年ほど前、本郷にあった家具屋の前に放り出されていた戸棚。
ひょっとしてと思い店の親父さんに尋ねてみると、
案の定、新品の戸棚を納めてきた家から回収してきたものとのことでした。
もらっていいですかとお願いすると、
「いいよいいよ」と逆に喜んでくれました。
結局、親父さんにちょっと送料を払ってトラックで家まで運んでもらいました。
新しい戸棚を買った家は無料で廃品を回収してもらい、
家具屋の親父さんも無料で廃品を処分できて、おまけにちょっとした小遣いが入り、
僕は欲しかった戸棚をほぼ無料で入手。
みんなが幸せになりました。
ちなみにこれって色は黒に塗られているけれど、元はきっと白色。
たぶん学校の保健室に置かれていた棚と同型じゃないかな。
ガラスの厚い棚板や四つ脚の意匠がいかにもそれっぽい。
ひねるとロックがかかる仕組みも便利。
こうして我が家にやってきたこの戸棚、現在も食器棚として愛用中。
旅先で買ってきた食器やらビールグラスやらが納められています。
東京都。2011年。

by apolro | 2011-06-23 16:50 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

簾を新調。

f0217617_1142628.jpg
梅雨とはいえ、晴れ間に差す太陽の光はもはや夏の趣です。
取り替えた簾がその陽光をさえぎり、
さらに庭木の影を映しこんでくれます。
ときどきそよいでくる風は、
新調の簾ならではの青々とした匂いを運んできていい感じ。
なんだか、今年の夏を乗りきれそうな気がしてきました。
東京都。2011年

by apolro | 2011-06-22 11:42 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

ビルマで一服。

f0217617_1485220.jpg
ビルマの片田舎で入った見栄えが好ましいカフェ。
f0217617_1495589.jpg
メニューもここまで読めないと清々しい。
かろうじてアルファベットの「ラッシー」と「コールドミルク」がなんとか。
ビルマの文字って、日本では見かける機会少ないもんなー。
f0217617_14101537.jpg
店の横に座っていた二人の女の子は姉妹でしょうか。
ニャウンシェ/ビルマ。2007年。

by apolro | 2011-06-21 14:11 | 旅の日々 | Comments(0)

田植えノチ釣り。

f0217617_1024350.jpg
田植えを終えて、みんなで足を洗った田んぼの脇の用水路。
ここはなにか釣れそうですね。
みんなが畦道に座ってノンビリとお弁当を広げている頃、
僕だけは子どもばりのおにぎり早食いで、いそいそと竿を出してみます。
魚影は見えるもののいかんせん水深が10センチもなく、
仕掛けの流しどころに苦労しましたが、
ちょっと深みになっているところを発見して、そっとエサを落としてみると、
オイカワやハヤがポンポンと釣れてきました。
f0217617_1003266.jpg

水面には、ときどき20センチほどはあろうかという魚影が走るのですが、
結局その正体は不明。
f0217617_1004777.jpg
用水路脇の樹上にはこんなヤツも。

埼玉県。2011年。

by apolro | 2011-06-20 10:03 | 旅の釣り、週末の釣り | Comments(0)

田植えへ。

f0217617_11112070.jpg
友人の田植えを手伝いに埼玉県の武蔵嵐山へ。
数年前、東京からこの地に引っ越したイラストレーターの彼は、
いつの間にか米作りをはじめ、今では立派な「半農半描」の人。
なかなか都合が合わなかったのですが、今年ようやく参加できました。
この日、田植えを行った田んぼは広さ一町五畝(せ)。
150メートル四方といったとこでしょうか。
ちなみに一町は約100メートル四方、
その10分の1が一反、さらにその10分の1が一畝だそうです。
みんなが田んぼの端から横一列に並び、
張られた紐を定規代わりに一本ずつ手で植えていきます。
f0217617_11114884.jpg
見ていると、この作業は性格がでますね。
几帳面な人はピシーッときれいに、
大雑把な人は稲の列がぐらんぐらんとたわんでいます。
結局30人もの参加者があったこともあり、
田植えは2時間ちょっとで無事終了。
面倒を見てくれている地元の農家のかたからは、「今までで一番きれいに植わりましたね」とオホメの言葉をいただきました。
いつ雨が降ってもおかしくない空ももってくれました。
f0217617_1112187.jpg
終わった後は、みんなで用水路に入り、足を洗います。

さあ、結果は如何に。それは9月にわかります。
でも本当に大変なのは、これから定期的に行わなくちゃならない草取りだそうで。
頑張って、イガラシさん。
埼玉県。2011年。

by apolro | 2011-06-19 11:17 | 旅の日々 | Comments(0)