旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2012年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


今日の昼ごはん:とれとれの玄米とアジの開き。

f0217617_15452686.jpg
今年の田んぼで収穫した玄米は、
ていねいに研いで昨晩から水に浸けておき、
いつもより火加減も慎重に土釜で炊きあげる。
アジの開きは焼き網とガスの間にレンガをかませて、
強火の遠火で両面をほっこり焼き上げる。
お味噌汁はナメコとオクラのネバネバ兄弟。
ナスはさっと塩をしてキュッとしぼって即席漬け。
では、いただきます。
トンボやアマガエルで賑やかだった田んぼの稲穂を揺らす風が、
一瞬だけ、この部屋にも流れた気がしました。なんてね。
東京都。2012年。

by apolro | 2012-11-30 15:46 | 今日の昼ごはん | Comments(0)

鬼怒沼はもう雪原。

f0217617_14113469.jpg
まだ11月だというのに、奥鬼怒にある鬼怒沼は一面の雪原でした。
本来このあたりは鬼怒沼湿原と呼ばれ、
湿原のなかに池塘が点在する、
ミニ尾瀬ヶ原のような場所なんですがご覧の通り。
さすが日本で最高所にある湿原といわれるだえあります。
ここにくるまでの登山道は、せいぜいヒザの上程度だった積雪も、
鬼怒沼では一気にモモまで。
しかも木道を渡した夏道が完全に隠されてしまい、
一歩道を踏み外すと、ずぼりとお尻まで入ってしまいます。
こりゃー、スノーシューを持ってくるべきだったなー。
11月にスノーシューって……。
まあ、それでも誰もいないこの雪原を眺めつつ飲んだコーヒーは格別でしたがね。
f0217617_14121247.jpg
トレースも完全に消え、ハマルハマル!

栃木県。2012年。

by apolro | 2012-11-29 14:13 | 旅の日々 | Comments(0)

池袋にて芝居を観る。

f0217617_18585756.jpg
一昨日は豊島公会堂にて『地球☆空洞説 テラヤマ見世物ミュージカル』を観ました。
寺山修司さんの原作を流山児祥さんらが演出。
寺山修司さんはさすがにリアルタイムではないけれども、
流山児祥さんの名前は小劇場ブーム世代には印象に残ってますね。
あ、もちろん我らが女優・ミカちゃんもアグレッシブでとてもかっこよかったです。
芝居がはけて豊島公会堂を振り返ると、夜空には月とひとつの気球が。
これは単なるアドバルーンではなく、
本編に関わる重要なキーワードなのでした。
明日29日が楽日だそうです。
東京都。2012年。

by apolro | 2012-11-28 19:00 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

奥多摩の山里歩き。

f0217617_953674.jpg
奥多摩の紅葉劇場もすでに終演間近。

f0217617_9532613.jpg
御嶽山から古里へと下る裏参道は、スギの植林帯に入るまでは、木漏れ日の中、落ち葉を踏みしめながら下ります。

f0217617_9534977.jpg
無人販売所はどこもユズが山盛り。

f0217617_9541092.jpg
山里の、ふっくらほっぺのお地蔵様。

f0217617_9542054.jpg
そして山歩きの締めは、
藁葺きの古民家をそのまま店舗にしたお蕎麦屋さん『丹三郎』です。
よく歩き、よく食べた、秋の休日。
東京都。2012年。

by apolro | 2012-11-26 09:55 | 旅の日々 | Comments(0)

雪舞うハイキング。

f0217617_15363252.jpg
先週の日光、切込・刈込湖への道は、日差しがあるのに同時に雪も降る、
という奇妙な天気が午前中いっぱい続き、登山道も雪で真っ白に。
積雪1センチとはいえ、トレースのない道を歩くのは
いくつになっても楽しいものです。
f0217617_153716.jpg

切込湖、刈込湖とめぐり、光徳牧場に出るまでにすれ違ったは老夫婦のハイカーのみ。
f0217617_15372566.jpg

下山時には、僕としたことがビールではなく、
思わず光徳牧場の牛乳を飲んでしまいましたが、
これはこれで、少年時代の懐かしい味。
栃木県。2012年。

by apolro | 2012-11-25 15:38 | 旅の日々 | Comments(0)

今年の田んぼもついに収穫祭。

f0217617_11144084.jpg
今年も無事に立派なお米になりました、田んぼの稲。
猛暑のせいか、収量は若干少なめだったみたいだけれど、
玄米も白米も、食べてみればその美味しさは抜群です。
そして、みんなで酒やら肴やらを持ち寄っての収穫祭。
f0217617_11144432.jpg
餅をついて、音楽を奏でて、酔っぱらってひっくり返って……。
雨の日も猛暑の日も、一年間しっかり田んぼの世話していただいた皆さん、
本当にオツカレサマでした。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
そして、今年は所要で参加できなかった面々も来年はぜひ!
東京都。2012年。

by apolro | 2012-11-25 11:15 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

JR新宿駅の5・6番線って何線だか知ってた?

f0217617_13385984.jpg
JR新宿駅の5・6番ホーム。
ここが何線のホームか即答できる人は、
鉄道マニアか、よほど海外出張が多い人ではないでしょうか。
5番線や6番線なんていう若い番号だから、
てっきり山手線や中央線かと思いきや、
正解はなんと「成田エクスプレス」用ホームでした。
構造も特殊で、新宿駅の玄関ともいえる西口や東口はもちろん、
なんと南口からも直接このホームに行けない(新南口は可)!
一度中央線の7・8番線ホームに行き、
そこからさらに階段を下りてまた上ってようやく到着です。
通勤時間の新宿駅にも関わらずホームはガラガラ。
「高い」「狭い」「揺れる」「少ない」と、
ダメの四拍子が揃っている成田エクスプレスなんてまず乗ることもないので、
このホームを利用したことなかったんですが、
先日ついに足を踏み入れました。
乗った電車は、新宿発東武日光行きの「日光1号」。これまたマイナーな。
f0217617_13392455.jpg
そうだったんですね。
てっきり成田エクスプレス専用かと思っていたら、
実はこの特急「日光」や、新宿発の「スーパービュー踊り子」、
そして今では臨時列車になってしまった「ムーンライトえちご」なんかが、
このホームから発着するのでした。
f0217617_13403517.jpg

f0217617_13412591.jpg
同じホームから成田に行ったり、鬼怒川温泉に行ったり。

f0217617_13411511.jpg
ちなみに日光からの帰りに乗った特急「スペーシアきぬがわ6号」も
このホームに帰ってきました。
長年使っている新宿駅にも、まだまだ知らないことがあるな。
東京都。2012年。

by apolro | 2012-11-22 13:46 | 旅の日々 | Comments(0)

戦場ヶ原に冷たい風が吹く。

f0217617_15304649.jpg
ずいぶん久しぶりに歩いた日光・戦場ヶ原。
紅葉のシーズンもほとんど終わり、平日とあって歩く人もまばら。
ときおり吹く冷たい風が湿原の枯れ草に波をつくり、
いよいよ本格的な冬到来の近いことを教えてくれます。
先月、戦場ヶ原でも人が熊に襲われる事故が発生し、
現在は午前9時前、午後3時以降ハイカーの立ち入りが規制されています。
それ以外は熊の通行時間ということかな。
ブナの実が大凶作だといわれる今年、
このまま冬を迎えたら、
熊たちは無事に春を迎えることができるのでしょうか。

f0217617_15313217.jpg
こちらはお隣りの湯ノ湖。
ここも禁漁シーズンに入りすっかり冬支度。
動くのは湖面の水鳥ばかりなり。
栃木県。2012年。

by apolro | 2012-11-21 15:29 | 旅の日々 | Comments(0)

みんな大好き『うまい棒』。

f0217617_1761644.jpg
おやつによし、ビールの友によしの『うまい棒』。
これに「いろいろ味」と銘打った巨大パッケージがあるのですね。
袋の長さは約50センチ。下に並べてあるのが通常サイズです。
裏側には「この商品は一般市販されておりません」と書かれているのだけれど、
どういうわけか近所のドンキでは一般市販されております。なぜ?
f0217617_1775257.jpg

さっそく買って開けてみると、
「いろいろ味」の名の通り出てくるは出てくるは、
いろんな味のスタンダードサイズが計40本。
味の偏りがあるのか一応数えてみると、
エビマヨネーズ味:4本
サラミ味:4本
とんかつソース味:8本
照り焼きバーガー:4本
チキンカレー味:4本
コーンポタージュ味:4本
めんたい味:4本
オニオンサラダ:4本
チーズ味:4本
と、ここでもなぜかとんかつソース味だけほかの倍入っていました。
お値段も単品で買うより、ややお得のようです。

f0217617_1774090.jpg
写真には38本しか写っていませんが、それはこの段階ですでに2本食べてしまったためです。ちなみに右側に写っているのはオマケで、願掛けシールと願掛けクリアファイル。これまたなぜ?

これを書いていたら、さっそくビールが飲みたくなってきましたよ。
オトナにとってのモンダイは、パッケージが大きすぎて、
買って帰るときに、周囲にバレバレということでしょうか。
『うまい棒』狩りに遭ったらどうしよう。
東京都。2012年。

by apolro | 2012-11-18 17:10 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

ついに、出たか!

f0217617_16331465.jpg
今年はクマの出没例が多いといわれる丹沢山塊を歩いてきて、
下山口まであと数分というところ。
林道の曲がり角、カーブミラーを見た友人が、
「あれっ、何あの黒いの! クマじゃない!?」
まさかと思ってそのカーブミラーを覗いてみると、
たしかになんか黒い陰がユラユラしてる。
でも、カーブミラーの鏡面って、
けっこう歪んだりしててイマイチよくわからないのね。
かといってカーブを曲がったらいきなりバッタリ、だけは避けたいので、
ふたりで「あー、あー!」と叫んだり、
ポールをカチカチ打って音を出したりしたものの反応はなし。
「?」もう一度落ち着いてじっくり観察してみると……、
どう見ても、側溝の光が当たらない部分が黒く見えているだけでした。
えーと、こういうときに使うコトワザ、なんだっけ?
「イワシの頭も信心から」じゃなくて、
あれだ!「幽霊の正体見たり枯れ尾花」!
神奈川県。2012年。

by apolro | 2012-11-17 16:34 | 旅の日々 | Comments(0)