旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2017年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧


いくつもの丘を越えて。

f0217617_18164241.jpg
昨日歩いた道は全周囲丘陵地帯。
なんでも世界遺産にも指定されている風景らしい。
ただしここにきて気温も再び急上昇。
到着したフィジャックという町では最高気温38度を叩き出した。
牛たちも日陰から出ようとしない。
そして僕は熱中症予防のためにビールはを手放せない。
フィジャック/フランス。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-07-08 18:16 | 旅の日々 | Comments(0)

青空と丘陵地帯。ときどきロバ。

f0217617_18325822.jpg
巡礼初日。
コンクからは小一時間ほどの登り。
温帯域の低山となるとやはりどこも似たような風景になるのか、
周囲は樹林に囲まれて日本の低山のよう。
ただし湿度が低いので蒸し暑さはなし。
そして登りきったその先には丘陵地帯を覆う牧草地が。
牛や馬、ロバにちょっかいを出しながら
黄金色に輝く麦畑に圧倒されつつも、
無事にこの日の目的地に到着です。
シャワーを浴びて、
きりりと冷えた地産ワインが待ちどおしい。
ラ・ガヴィ/フランス。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-07-06 16:00 | 旅の日々 | Comments(0)

山上宗教都市・コンク再訪。

f0217617_1865025.jpg
成田、アムステルダム、トゥールーズと飛行機を乗り継ぐこと十数時間、
そこから鉄道で2時間半。
さらにタクシーで小一時間(バスはずいぶん前に廃止になった)。
ようやくアヴェイロン県の山上宗教都市・コンクに到着。
2年前の巡礼路歩きでゴールした村。
今回はここからスタートです。
今これを書いている村のカフェのテレビではツール・ド・フランスが絶賛中継中。
今年もこの季節がやってきました。
コンク/フランス。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-07-04 13:00 | 旅の日々 | Comments(0)

旅支度。

f0217617_1536108.jpg
仕事の波をなんとかこなし(正確にはまだすべてではないけど)、
昨日のあがた森魚&はちみつぱいライブの余韻に浸る間もなく、
明日からの旅支度を一気呵成にこなす。
三回目のサンチャゴ・デ・コンポステーラ巡礼路。
フランス「ル・ピュイの道」の続きへ。
今回も約250キロ、約3週間の道程だ。
山歩きにくらべると、
テント装備や食糧がないぶんリュックは軽いけれども、
iPadをはじめとする、
文明にしがみつく装備が意外と増える。
まあ一番忘れてはいけないのは、
巡礼者の証しであるホタテ貝と巡礼手帖。
こいつを身につけて、
自分のモチベーションも高めないとね。
では、行ってまいります。
東京都。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-07-02 15:37 | 旅の日々 | Comments(0)

今宵は、あがた森魚&はちみつぱい。

f0217617_23371472.jpg
今宵は芝大門にて、
あがた森魚&はちみつぱいのライブ。
場所はメルパルクホール。
たぶん、ここに行くのは初めてではないか。
ろくな下調べもなしに現地に着いて、
さてホールはどこだと若干戸惑ったが、
眼前を白髪まじりというか、
ほぼ白髪の老々男女がぞろぞろと歩いているのを見て、
きっとこれだとついていったらビンゴ。
開場16時半、開演17時という時間設定も、
もしかしたら観客、
そして演者の年齢を鑑みた結果なのかもしれない。
演奏は新譜の曲をベースに、
みんなが大好きな曲を散りばめて。
前半から『塀の上で』や『僕の幸せ』をやっちゃって、
後半大丈夫かとちょっと心配したけど、
それは杞憂。

f0217617_23374292.jpg
優しさと、せつなさと、星空と、予兆と、
そしてちょっとサウダージのあった夜でした。
個人的にはアンコールで『大寒町』を歌ってくれるかと期待したけれど。
東京都。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-07-01 23:39 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

珊瑚の石垣に囲まれた細道。

f0217617_1512269.jpg
喜界島の阿伝集落には、
珊瑚を積み上げて作った石垣が今も残っていた。
集落内を通る多くの道は、
クルマが通れるくらいに拡張されているけれど、
この小径はきっと昔のまま。
人、そして喜界馬(という固有種がかつてはいたそうだ)が
通れる幅があれば十分だったのだろう。
道の奥には青い海が顔をのぞかせている。
こういった景観が評価されて、
今年、集落は奄美群島国立公園の一部に指定された。
目下の悩みは、
傷んだ珊瑚の石垣の修復技術を持った職人が
もはやいないことなのだそう。
ハードとソフトは一体となって、
初めて維持存続ができるのだな。
喜界島/鹿児島県。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-07-01 15:05 | 旅の日々 | Comments(0)