人気ブログランキング |

旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2019年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


青空と白い制服。

f0217617_9222173.jpg
晴天の日曜日。
神奈川の馬堀海岸。
空は青く、
その空を映した海も青い。
海岸線に立つのはフェニックスの木。
なんだかここが東京湾とは思えなず、
ちょっと得した気分だ。
そこを通り過ぎる純白の制服を着た若者ふたり。
防衛大学の学生だろう。
日曜日なのに制服を着ているということが、
外出時は基本制服を着なければならないということか。
女子は白いスカートを履いていた。
しかし、この白さを維持するのたいへんだろうな。
着替えはいったい何着支給されるのだろうか。
落ちないシミをつけちゃったときはどうするのだろうか。
さらにいえば、
彼らにとってランチにカレーうどんは禁じ手なのではないだろうか。
そんなどうでもいいことを考えながら、
歩きはじめる。
神奈川県。2019年。

by apolro | 2019-06-18 09:22 | 旅の日々 | Comments(0)

万歩計と担当編集者。

f0217617_10581816.jpg
取材に同行してくれる担当編集者が、
一日を終えたときにスマホの万歩計機能を利用して、
「10000歩も歩きました!」
「今日は20000歩越えです!」と、
楽しそうに報告してくれるのがちょっと羨ましかった。
しかし僕の携帯はいわゆるガラケー的なやつで、
そんな機能はついてはいない。
そこで買いましたよ、万歩計!
いかにもおじさんぽいなあと思ったがやむをえん。
昔よくポケットでカチャカチャと
音を鳴らしながら歩いているおじさん、いたよね。
あれの仲間入りである。
だがしかーし。
最近の万歩計はそうではなかった。
3Dセンサーという、
僕にはその仕組みすらわからないセンサーを搭載し、
音もなく歩数を数えていくのだった。
そもそも万歩計ではなく億歩計。
過去データもしっかりメモリーしてくれる。
「タニタ」というブランドもなんだか信頼できそうだ。
よくわからんけど。
しかも1000円ちょいで買えるとは。
で、さっそくこいつをポケットに放りこんで、
10キロほどの半日徒歩旅行に出かけてみたところ、
一日の歩数は約20000歩。
なるほど。
20000歩というのは、
僕の足で約10キロといったところなのだな。
と、ここでハタと気がついた。
取材のときに「20000歩ですよ!」と歩数距離を見せてくれたくだんの編集者。
あれは楽しそうだったのではなくて、
「こんなに歩かせやがってよ〜!」と、
暗に責めていたのではあるまいか。
もしそうであるのなら、
まことにすまぬことだった。
東京都。2019年。

by apolro | 2019-06-17 11:09 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

窓を開ければ徒歩旅行日和。

f0217617_10331424.jpg
朝、目覚めて、
庭の窓を開いてみれば、
夜半まで降っていた雨はすっかり過ぎ去っていた。
ウメやナシの新緑の隙間からは、
木漏れ日が差し込んでいる。
おお、これぞ半日徒歩旅行日和。
昼前には家を出られる。
雨が空気を洗い流してくれたようで、
風景が色鮮やかだ。
こんなときは美しい自然を眺めながら歩き、
古い銭湯で汗を流し、
最後は地元のおじさんに愛されている居酒屋でしめたいものだ。
さーて、どこにしようかな。
あ、あそこか!
行ってきます。
東京都。2019年。

by apolro | 2019-06-16 10:34 | 旅の日々 | Comments(0)

気仙沼からの自分土産。

f0217617_10594634.jpg
気仙沼からの自分へのお土産は、
ホヤの塩辛と塩ウニ。
となると晩酌は日本酒しかないでしょう。
ちょうどお酒も切らしていたので酒屋へ急行。
以前は四合瓶を買っていたのだけれど、
最近は一升瓶へ移行。
そのほうがお得だしね。
今回は山形県鶴岡市は冨士酒造の手による『七星』を購入。
抜栓するといきなり部屋中に華やかな香りが広がる。
こんな派手なお酒、
ホヤやウニといったクセものに合うのかしらとちょっと心配になったが、
僕の舌レベルではそんなこと関係ありませんでした。
お酒と肴の無限循環天国の始まりだ。
東京都。2019年。


by apolro | 2019-06-15 11:36 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

『オルレ唐桑』を歩く。

f0217617_09362450.jpg
宮城県東端にある唐桑半島に昨年開通したトレイル『オルレ唐桑』を歩く。
これは韓国の済州島から始まったトレイルのありかたで、
済州島でこれ始めた女性は、
サンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼道を歩き、
自分の故郷にもこんな道があったらいいなと
トレイルを作ることを思い立ったのだという。
現在日本では九州と、
ここ宮城で開通。
写真はオルレのシンボルともいえる「カンセ」。
これは済州島の言葉で「野生馬」を意味し、
頭が向いている方向が進行方向を指している。
急峻な山や原野を歩くというよりは、
里山の自然の中で、
森や海岸沿い、畑の畦道をつなげて歩く雰囲気だ。
長さも全長10キロほどなので、
このためだけに訪れなくても、
他の観光とセットで楽しむのもいいだろう。
数百キロにわたるロングトレイルも歩きごたえがあって楽しいけれど、
こんなふうに手軽に地元の自然を歩けるトレイルが、
オルレに限らず全国各地に増えてくれるといいな。
宮城県気仙沼市。2019年。


by apolro | 2019-06-14 09:55 | 旅の日々 | Comments(0)

懐かしい駅「陸中門崎」との再会。

f0217617_1137577.jpg
一関から気仙沼へ向かう大船渡線で、
実に懐かしい駅に再会した。
駅名は「りくちゅうかんざき」駅。
漢字で書くと陸中門崎駅。
あれはたしか1980年代終盤、
僕たちは夏になると毎年のようにカヌーで北上川を旅していた。
チッキ扱いでアリーのフォールディングカヌーを盛岡駅へ送り、
自分たちは夜行バスで盛岡へ。
早朝、駅でカヌーを受け取るとそれをワショーイと担いで北上川へ。
そこでカヌーを組み立てて、
キャンプ道具を積み込んで、
市内のスーパーで食料も買いこんで(もちろんクーラーボックス満載のキンキンに冷えたビールも忘れずに)、
いざ北上川へ下っていったのだった。
その第一回目の旅でゴールとしたのが、
この陸中門崎駅だった。
途中、危うく堰堤に吸い込まれそうになったり、
お盆時期とあって、
上流から次々に流れてきた送り盆用のナスやキュウリを
ありがたく食材として頂戴したり、
川面に直径数センチほど顔をのぞかせている、
黒くて丸い物体をすくい上げてみたら、
その正体はボーリングボールだったり(ボーリングの球が水に浮くことをそのとき初めて知った)、
キャンプ中の川原から地元の花火大会を望めたりと、
さまざまなできごとを楽しみながら、
体中真っ黒に焼けてこの駅に着いたのだった。
カヌーは再び畳んで近くの雑貨屋から宅配便で発送。
自分たちは大船渡線に乗って一関へ。
そこから仙台へ向かった。
仙台の町はちょうど七夕祭りの季節で、
それまでの1週間とはあまりにも異なる環境のなか、
僕たちは賑わう街中をおどおどと歩いたのだった。
最近では全然カヌーには乗らなくなってしまったけど、
リュックにテントと食料をつめて歩いているのは変わらないなあ。
宮城県。2019年。

by apolro | 2019-06-13 11:46 | 旅の日々 | Comments(0)

でっかい立方体バックパックの自転車乗りたち。

f0217617_1811219.jpg
最近、街を歩いているとよく見かける、
でっかいサイコロみたいなバックパックを背負って、
自転車で快走している若者たち。
最初はああいう形状の自転車用バックパックが
流行しているのかと勘違いしてしまったけど、
その後、あれが「ウーバーイーツ」なる、
飲食店からの配達専門アルバイトであることを知った。
へー、あのなかにはいろいろゴチソウが入っているのかと思い、
それと同時に、
途中で転んで料理をぶちまけちゃったりしたらどうなるんだろうと、
余計な心配をし、
さらに途中でクルマにはねられたり、
逆に歩行者と衝突事故を起こしたらどうなっちゃうんだろうと危惧してもいた。
すると昨日の朝日新聞朝刊に、
写真の記事が掲載されていた。
ウーバーは配達員と注文者、店舗を仲介する「場」を提供しているだけなので、
雇用関係はないと説明しているらしい。
料理をダメにしたときはどうなるかはわからないけれど、
少なくとも事故を起こしたときは、
全部個人の責任になって、
ケガや賠償なども自分で賄わないといけないわけね。
どうやら僕の心配は杞憂ではなかったようだ。
バイク便や自転車便も同様のシステムだったのかな?
少なくとも僕は、
恐ろしくてそのバイトはできない。
東京都。2019年。

by apolro | 2019-06-12 18:04 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

「ホヤぼーや」君との出会い。

f0217617_11373624.jpg
気仙沼のゆるキャラ「ホヤぼーや」君。
どのへんがホヤなのかというと、
頭部のゴツゴツとした突起がそうらしい。
そしてベルトのバックルは名産のホタテ。
さらにはこの絵では柄しか見えていないが、
サンマソードという、
こちらも名産品であるサンマの剣を腰に差している。
たしか、以前訪ねた栃木県佐野市のゆるキャラ「さのまる」君は、
腰に名物のイモフライを差していたので、
ここは一度他流試合などをお願いしたいものである。
ホヤぼーや君の身体が青いのは、
彼がそういう色なのではなくて、
シャークスーツというものを着用しているそうで、
つまりはこれまた名産のサメ革をなめして作ったものだろう。
ちなみに好きな食べ物も名産のフカヒレだそうで、
なかなかグルメなホヤぼーや君なのであった。
宮城県気仙沼市。2019年。

by apolro | 2019-06-12 11:39 | 旅の日々 | Comments(0)

謎のオブジェと風船怪獣『バルンガ』。

f0217617_1122812.jpg
相模湖畔、
嵐山登山口に飾られている謎のオブジェ。
みんな、金平糖だとかゲンコツだとかいっていますが、
僕は見た瞬間に「バルンガだ!」と思いましたね。
バルンガというのは『ウルトラQ』に登場する怪獣。
『ウルトラQ』といえばウルトラシリーズの元祖的なドラマで、
これがなければ、
ウルトラマンもウルトラセブンもいなかったかもしれません。
初放映は1966年とのことなので、
僕が観たのは再放送でしょう。
当時の怪獣といえば、
動物や昆虫をモチーフにしたものがほとんどのなかで、
こいつはなんと「風船怪獣」。

f0217617_11250100.jpg
(『ウルトラQ』第11話「バルンガ」より)

風船を怪獣にするっていう斬新さにぶっ飛んだ記憶があります。
このバルンガ、
実は宇宙船にくっついてきた宇宙胞子で、
地球上のありとあらゆるエネルギーを吸収して巨大化します。
台風が上陸して、
こいつをどこかに吹き飛ばしてくれるのでは期待すると、
バルンガは台風のエネルギーすら吸収。
もはやこれまでとあきらめたとき、
バルンガは突如高度を上げて地球を去っていきます。
目指したのは太陽。
「太陽がバルンガを呑み込むのか、バルンガが太陽を呑み込むのか……」
物語はそんな含みを持たせたまま終わります。
なんだか現代にも通じる話ですね。
で、このオブジェ、
本当はなんなんだ?
神奈川県。2019年。

by apolro | 2019-06-08 11:06 | 旅の日々 | Comments(0)

次の旅に向けて地形図を購入。

f0217617_1121338.jpg
次の旅に備えて地形図を購入。
目指すは気仙沼の唐桑半島。
リアス式海岸だけあって、
海と陸が入り組んでいて、
地形図内の大半は海。
しかたがないとはいえ、
いつもながらちょっと損した気持ちになる。
海の場所に「ホヤ」とか「マグロ」とか、
昔の観光地図みたいな補足情報が入っていたら、
それはそれでうるさいか。
でもホヤはたぶん旬。
あらゆる味覚がそのなかに凝縮されているというあの海産物、
好きなんだよね。
最初に食べた人は偉いと思う。
豆知識。
リアス式海岸のリアスというのは、
スペイン西部の「リアス・バイシャス」という地名がからきているそうですよ。
もちろんそこの海岸線もリアス式。
東京都。2019年。

by apolro | 2019-06-07 11:22 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)